中古車査定 > 中古車査定の豆知識その1

中古車査定の豆知識その1について

中古車の査定を行い、その査定額を吟味し、納得した場合は、晴れて売却という運びになります。

その際、中古車を売却する上で、必要な書類というものが存在しています。

中古車査定が終わってから用意しても構わないのですが、査定の前に用意しておくと、お店から好印象を持って貰い、もしかしたら少し高く売れるなんて事もあるかもしれません。

できれば、事前にすべて用意しておきましょう。

中古車の売却時に必要な書類は、軽自動車と普通自動車では若干異なります。

まず、軽自動車についてですが、必要な書類は以下の通りです。

1.自動車車検証
2.自賠責保険証明書
3.売却代金振込み口座番号
4.リサイクル券
5.軽自動車納税証明書

1の自動車車検証は、オーナーの氏名と現住所を確認しておきましょう。

3の売却代金振込み口座番号は、特別な書類ではないので、口座番号を手書きで書いたメモでも構いません。

4のリサイクル券は、預託済みであるという証明書です。

これらの書類は、基本的には特別申請が必要という訳ではなく、車検時や保険加入時、自動車の購入時に発行されており、オーナーに渡されています。

もし家にない、紛失したという場合は、それぞれの管轄に連絡を入れて再発行してもらいましょう。

自動車車検証は運輸支局、自賠責保険証明書は保険を契約した保険会社、リサイクル券は自動車を購入した自動車販売店や整備事業者、軽自動車納税証明書は運輸支局の自動車税事務所や都道府県の税事務所で、それぞれ手続きを行うことで再発行が可能です。

リサイクル券や自動車納税証明書は専用の端末機を使って自分で再発行する事も可能です。

中古車査定を行う前に、これらの手続きは済ませておきましょう。