中古車査定 > 中古車査定の豆知識その2

中古車査定の豆知識その2について

中古車の自動車査定を行い、中古車を売る事が決定した場合、その自動車を売るために必要な書類というものがあります。
中古車の自動車査定を行った後に用意するとなると、二度手間ですし、仮に紛失していた場合は再発行の手続きなどで時間を割いてしまい、買取専門店に迷惑をかける恐れがあります。
できれば自動車査定にすべて用意しておきましょう。

さて、その用意する書類ですが、普通自動車の場合は以下の書類が必要となります。

1.自動車車検証
2.印鑑登録証明書
3.自賠責保険証明書
4.自動車納税証明書
5.売却代金振込み口座番号
6.リサイクル券

この他に、中古車の名義変更や譲渡証明書などには実印が必要です。
印鑑登録証明書と共に用意しておきましょう。
印鑑登録証明書は、発行後一ヶ月以内が有効期限なので、売買する一ヶ月以上前に用意するのは控えておきましょう。
できれば数日前が好ましいですね。
それと、必ず2通用意しましょう。
印鑑登録証明書は市役所市民課や各市政窓口で申請可能です。
200円掛かりますので、2通発行してもらう事を前提に400円は用意しておきましょう。
再発行もここで行います。

中古車の自動車査定において、普通自動車と軽自動車で大きく違う点は、実印が必要か否かです。
軽自動車の場合は認印でも構いませんが、普通自動車の場合は、実印とその証明書が必要となります。
中古車の自動車査定を行う場合は、自分が売ろうとしている車が軽か普通かをしっかり確認し、用意をするようにしましょう。