中古車査定 > 中古車買取の査定ポイントその2

中古車買取の査定ポイントその2について

中古車買取の査定ポイントは、かなり多岐に渡ります。
それらを複合的に見て、トータルで導き出されるのが、中古車の査定額、すなわち中古車買取金額なのです。
どれかひとつが秀でていても、中古車買取金額は高くなりません。
それを踏まえた上で、査定をしてもらいましょう。

中古車の査定ポイントとして特に重視されるのは、走行距離です。
走行距離は、イコールその車の寿命です。
走行距離が長ければ長いほど、残りの寿命が短い事を表しています。
よって、走行距離は短ければ短いほど、中古車買取金額は上がるという事になります。
ただ、基本的にはそこまで細かい査定はされず、一定の目安を基準にして判断されます。

例えば軽自動車の場合は、年間の標準走行距離が8,000kmと言われており、このペースを超えている場合は、中古車買取金の減額の対象となります。
普通車の場合は年間10,000kmが基準になります。
しかし、年数の割に極端に走行距離が少ない場合でも、必ずしも中古車買取金額が増加するとは限りません。

自動車は、ある程度動かすことでコンディションを維持します。
あまりにも動かしていない場合、動作不良になりやすいという特徴があるのです。
よって、査定のポイントとしては、年数に適切な走行距離であるかどうかを見る事になります。

また、これに連動して、その自動車の年式も査定ポイントとなります。
基本的には新しければ新しいほど有利ですが、プレミアが付いている車種は例外的に古い方が高いということもあり得ます。
また、同じ車種で同じ年式であっても、マイナーチェンジ、フルモデルチェンジなどがなされている車種か否かで大きく査定額は変わります。