中古車査定 > 中古車査定の豆知識その3

中古車査定の豆知識その3について

中古車査定の豆知識として一つ知っておきたいことがあります。
その豆知識とは、ローンについてです。
自動車は多くの人がローンで購入すると思われますが、このローンが支払い終わるまでは、例え所有して乗り回っていても、正式な所有者とは認められていません。
書類上の名義では、そのローンを組んでいるクレジット会社がオーナーということになっています。

それが何を意味するのかというと、ローンを組んでいて、まだそのローンが完済されていないうちは、中古車の売却が不可能であるということです。
当然、中古車の査定も参考程度の意味しか持ちません。
中古車の査定額は時価ですから、ローンが完済された時にその車がどのような市場価値を持っているかは誰にもわかりません。
よって、ローンが残っているうちに中古車の査定を行っても、あまり意味はありません。

どうしてもローンが残っている状況でその中古車を売りたいという場合の豆知識もあります。
それは、売却金額で残りのローンを支払ってしまえばいいんです。
売却したいと決めた時に査定して貰い、その査定額が残りのローンよりも高額ならば、そこから残りのローン支払えるようになっています。

もう一つ豆知識として、このシステムはすでに確立されているので、買取専門店に相談すれば手続きの案内をしてくれます。
ですので、ローン残債を心配する必要なく車を売ることができます。

以上、ローンを組んでいる車を売却する際の豆知識でした。