中古車査定 > 中古車査定とは

中古車査定とはについて

現在、日本における車の普及率は人口1,000人あたり約600台程度と言われています。
つまり、60%程度という訳です。
もちろん、一人で二台も三台も保有している人もいるでしょうが、それを引いても、一家に一台ペースを上回っているかと思います。
いまや、一家に一台ではなく一人に一台という時代に近付いているのが現状です。
それくらい、自動車は私たちの社会に根付いています。

そんな自動車も、一台買えばそれに一生乗れる、というわけではありません。
自動車の平均寿命は現在11年くらいです。
つまり、20歳で免許を取ったとして、一生の内4~6台は買い換えるという計算になります。
もし車にこだわりを持っていて、新車が出たら買い換えるという人だったら、その数はさらに増えるでしょう。

自動車を買い替えると、それまで持っていた自動車は中古車になります。
その中古車をどうするかは、オーナー次第ということになりますが、現在は処分するだけでも結構な額のお金を取られてしまう時代なので、中々処遇には苦労するところです。
中には、売ってしまいたいという人がかなり沢山いる事でしょう。

そこで、現在注目を集めているのが、中古車査定です。
中古車査定とは、現在持っている中古車が一体幾らで売れるのかを査定してもらう、というシステムです。
この中古車査定によって、買い取り価格が示され、その中古車査定額で納得した場合は晴れて交渉成立、という流れになります。
中古車査定とは、今持っている自動車の値段を客観的に審査し、提示してもらうシステムの事なのです。