中古車査定 > 中古車を売る場合のメリットとデメリット

中古車を売る場合のメリットとデメリットについて

中古車を売る場合、主な方法としては、中古車買取の専門店に査定を依頼して買取をしてもらうか、新車を購入する際にそのお店で中古車の査定してもらい、下取りをしてもらうか、知人やインターネットなどを通して個人売買を行うかの三つが上げられます。

これらには、それぞれメリットとデメリットが存在します。

それらをしっかり把握した上で、どの売り方を選択するか考えましょう。

まず、買取に関しては、安心感と確実性がメリットとしてあげられます。

中古車買取専門のお店は、専門家が査定を行うので、確実に適正査定価格を割り出してくれます。

よって、よほど中古車のコンディションが悪くない限り、相場と比較して極端に低い査定価格が付けられることはありません。

逆にデメリットは、新しい車を買うまでのタイムラグにより、一定期間自動車のない生活を強いられてしまう事が挙げられます。

また、下取りのように一度に手続きができない分、新しく車を購入する際に事務手続きが面倒という面もあります。

一方下取りは、上記したように、売買の手続きが一度にできるので、面倒がないという点がメリットとなります。

また、新車が家に届くまでは売る車で生活ができるので、車のない生活を送る必要がありません。
デメリットは、値引きがしにくい点です。

個人売買の場合は、買取販売店やディーラーを解する必要がないので、中間マージンが発生せず、高く売ることができる点が魅力です。

その一方で、介入者がいないことから、衝突、トラブルが発生しやすいという点はマイナスです。

名義変更も各自で行う必要があります。