中古車査定 > 買取以外の中古車の売り方

買取以外の中古車の売り方について

中古車を売る際、最もポピュラーな売り方が、中古車の買取です。
買取は、中古車買取の専門店に、車種や状態、市況といった様々な要素を加味した査定をしてもらって、買取価格を提示してもらい、その額に納得したら売買を行う、というものです。
中古車を売る上では最も確実な方法であると同時に、査定に関しては専門家が行うので、シビアな面もあります。

では、中古車を売り場合には買取しか選択肢がないのかというと、そういう訳ではありません。
ほかの選択肢として、下取りというものがあります。

下取りとは、新車を購入することを条件に、そのお店で古い車、つまりは中古車を買い取ってもらうというものです。
つまり、ひとつのお店で買取も購入も行うという訳です。

下取りを行う場合は、新車の値引きが行われる事があります。
この値引き分は、下取り査定価格の方に反映されますので、買取査定価格よりも若干価格が高くなるかもしれません。

また、下取り以外にも、個人売買という方法もあります。
自動車買取専門のお店に売るのではなく、友人、知人、親族、あるいはインターネットオークション、雑誌などを通し、個人と個人の間で売買を行うというものです。

こういった方法には、それぞれメリットとデメリットが存在します。
よって、どれが一番良いと決まっている訳ではありません。
自分が所有している中古車を売る場合、どう言った方法がベストなのか、どれが一番いい査定価格が出るのかというのは、状況にもよりますし、その車にもよりますし、相手にもよります。

あらゆる選択肢を頭の中に入れておき、少しでも有利な売り方ができるようにしておきましょう。